まずはバンクイックに電話、増額の審査は何を基準にする?

まずはバンクイックの第二リテールアカウント支店に電話をすることから増額の手続きが始まります。
そこで気になるのは増額の審査では何を基準に判断されるのかということ。

最初の契約の時を思い出してみてください。
そのときにはバンクイックの利用がありませんので審査で使われたのは個人の属性だけです。
年収や支出の各項目が属性となり与信スコアリングが行われます。
年収が高くても支出が多くなればそれだけ残る金額が少なくなりますので返済能力は高くはないと判断されることになります。
逆に年収が低くても支出項目が無ければ返済能力が高いと判断されることもあります。
家族構成によっても支出の大きさは違いますし、独身と既婚そして子供のあるなしによっても支出は違います。
もっとも大きく違いが出てくるのは現在他社からの借り入れがあるかどうかです。
支出項目によって返済能力が決まると言っても過言ではありません。

増額の審査になるとその最初の審査によって与信スコアリングは完了していますので、まずは新規契約時との変更箇所を確認することから始まります。
年収の変更がないか、もちろん他社からの借り入れ状況にも変化がないか確認されます。
他社からの借り入れが減っているのであればまだしも増えているようであれば状況は良いとは言えません。
そしてこれまでのバンクイックへの返済状況、これが最も問われる点です。
返済がしっかりと行われていなかったのであればリスクの高い利用者として判断されることになるでしょう。